千代丸です。TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【北海道・番外編】 とある聖域紀行

北海道のある場所に、「うしおととら」ファンにとっての聖域がある。

ファンに「北海道といえば?」と聞けば100発100中で返ってくるであろう、その聖域。

うしおととらと北海道を結びつける場所。それは・・・

51_01
カムイーーコターーーーン!イエーーーー!!

今回の北海道旅行で絶対に行きたい場所、いや、行かねばならない場所だった。

うしおととら前半のクライマックスを飾る舞台。
この場所に立つだけで、数々の名シーンが蘇ってくる。

51_02
ほら。これが例のつり橋ですよ。

51_03
この橋で、うしおの髪を櫛ですいたよね。

遠くに見える山々も、他とは違って見える。
みんなで頑張って結界を張ったんだもんね。

こんな話をするたびに、父ちゃんが引いていくのが分かったが
そんなこと構うもんか。ここは、カムイコタンなんだ。

この橋の先には謎を解くカギとなる、洞窟がある。
さすがにマンガみたいに壁面がネジみたいに削れてたりはしないかな、
とか思いながら橋を渡って山の斜面を登っていく。

斜面を登ると、ちょっとひらけた場所に出た。
そのひらけた場所で私の目に飛び込んできたのは



51_04
SL。

何でやねん。
何で山の中に突然機関車が出てくんねん。
完全に周囲から浮いとるっちゅーねん。
あまりのワケ分からなさに、そりゃエセ関西弁にもなるわ。

「言っとくけど洞窟ないよ。あれ、マンガだけ」と父ちゃんが冷たく言った。

もう、カムイコタンに用はなかった。

コメント

ないよ。何もないんだよ。

ないどころか、SLとサイクリングロードだよ。
えらい健康的な場所だったよ。
とてもじゃないけど、白面のモノなんていないよ。

聖地!

あ 祠ないんだ。
ススキ野原みたいなの、ないんだ。

もりさがるね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chiyomaruneko.blog102.fc2.com/tb.php/52-1ceb7dbb

 | HOME | 

Ranking

Calendar

« 05-2017 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Appendix

tanico(♀)

ブログの書き手。ネコの世話人。



千代丸(ちよまる)♂ 
1998.5.25生まれ(多分)


北斗(ほくと)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)


千歳(ちとせ)♀ 
2013.04.10生まれ(適当)


稲穂(いなほ)♂ 
2007.9.12生まれ(多分)
2008.05.30永眠


日向(ひなた)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)
2008.10.10永眠





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。