千代丸です。TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの日

この日記は、今日という日を忘れないために記録用に書いたものですので、
ものすごく長文なうえ、支離滅裂になっているかと思います。
(私自身、まだ読み返す勇気がありません)

稲穂が息を引き取った後の写真もありますので、
ご覧になれない方もいらっしゃるかもしれません。
もし、稲穂の最期を見届けたいと思ってくださったら、
先にお進みください。

心の中で、稲穂の頑張りを褒めてくださったら、嬉しい限りです。


***



5月27日(火) 16:13 撮影


173_01




5月28日(水) 17:55 撮影



173_02




5月29日(木) 12:19 撮影



173_03





この直後、稲穂は意識を失い、
同日16時頃、東京都豊島区にある「あしあと動物病院」に緊急入院します。

助かる見込みは五分五分と言われていたものの、
私も父ちゃんも「稲穂は助かる」と思い込んでいました。

午前0時を回っても病院から何も連絡がなかったので、
明日、午前と夕方にお見舞いに行こうと話をしてベッドに入りました。



5月30日 05:55 病院からの電話。
緊急の場合の連絡は私の携帯にかかってくることになっていたので、
自宅の電話が鳴っても、稲穂の件とは結びついていませんでした。
しかし、父ちゃんが話をしている受話器の向こうから「いなほ」という単語が聞こえてきて、
すぐに病院からの電話だと気づきました。
稲穂の危篤を知らせる電話を受けて、5分後に家を出ました。

朝の6時なのに道はすでに渋滞していて、なかなか進みません。
クルマのラジオから、くるりの「赤い電車」が流れていました。

7時前、病院に到着。
呼ばれて入った診察室に、稲穂はいませんでした。
先生が、椅子に座るように言って、今までの経過を説明し始めました。

5時半頃、稲穂が血の混じった液体を吐いて心肺停止になったこと。
それから強心剤を打ったり気道を確保して酸素を送ったけど、呼吸が戻らなかったこと。

そして、私たちに電話した数分後に、この世を去ったことを知りました。

稲穂を連れてくると行って診察室を出た先生と入れ替わりに、
駐車場にクルマを停めていた父ちゃんが部屋に入ってきました。

稲穂が死んじゃった、と私が言って
うそ・・・・と父ちゃんが言いました。



先生に抱っこされて来た稲穂は、まだ目が開いたままで
カテーテルと点滴の管が入ったままでした。
口の周りが濡れていて、吐いたことが分かりました。

先生がひとつずつ、稲穂の容態について説明してくれました。

稲穂の血液検査をしたところ、全項目のうち1つ以外は全て異常値だった。
見せられた検査結果の用紙には、
貧血、悪性貧血、溶血、肝機能障害、筋喪失、副腎機能低下、
出血、慢性肝不全、吸収不良、飢餓、多尿、消化器病
といった言葉が並んでいました。
どんなに体調を崩しても、通常なら体の中でバランスを取り続ける
カリウムとナトリウムが極端に低下しており、
まずは栄養補給が最優先と判断して免疫サポートを5mlずつ与えた。
今の稲穂にインターフェロンは逆に危険と判断して
体調回復を待ってから打つ予定だったが、結局打つタイミングがなかった。

昨日の午前中に行った病院でレントゲンを撮った時には、写らなかった影が
この時見せられたレントゲンでははっきりと肺に写っていました。
ほんの数時間の間に、稲穂の胸には水が溜まっていました。

稲穂がいかに最悪な状態だったかを説明された後に、

それでも、蘇生処置をしている時に、何回か心臓が動いた、と言われました。

やっぱり稲穂は、最後の最後まで生きようとしてたんだ。
それが何となく、嬉しい感じがしました。

先生が、稲穂をキレイにしてからお返しします、と言ってくれたので
待つ間、近くの「ジョナサン」で時間をつぶすことに。

稲穂の話をしていたけど、不思議と涙は出てきませんでした。
稲穂はかわいくていい子だったね、という話をずっとしていました。

1時間後に病院から連絡があり、またあしあと動物病院に戻りました。

午前8時。安らかな寝顔になった稲穂に会いました。

すでにキャリーバッグの中に入っていて、上にかかっていた白い布をめくると
オレンジの花を手に持った稲穂がいました。
あまりにおだやかで、涙が次から次へと出てきました。

この時、初めて「稲穂が死んだ」ということを実感しました。

5月30日土曜日、稲穂は生後8ヶ月で、天国に旅立って行きました。






***

午前8時半。家に到着。


173_04



千代丸が稲穂を出迎えてくれました。今まで、稲穂が病院から帰ってくると、
千代丸は稲穂の匂いをかいではくさそうな顔をして逃げていったけど
この日は威嚇することなく、ずっと稲穂の匂いをかいでいました。



午前11時過ぎ。父ちゃんが後ろ髪を引かれながら、仕事に行きました。

午前11時半。友人が稲穂に会いに来てくれました。
友人と、友人の2歳半になる子供も、稲穂にお別れをしてくれました。


173_05




午後1時半。友人が帰って、部屋にひとりになって、初めて声を出して泣きました。


それから、しばらくしてから稲穂を抱っこして色んな話をしました。
稲穂がいかにいい子だったかを話したと思います。

夕方頃、稲穂と一緒に、稲穂宛てに送られてきたメッセージを読みました。
稲穂は文字が読めないので、私が声に出して読みました。
稲穂にちゃんと伝わったかな?


火葬場に連絡して、翌日の火葬を予約しました。
稲穂と一緒に焼いてもらえるものを確認して、その準備をしました。

毛布などの大きいもの以外なら、「燃えるもの」はOKということだったので、
まず、稲穂の首輪を用意して、プラスチック部分をはずしました。


173_06



首輪の裏には、稲穂の名前と、私と父ちゃん、そして千代丸の名前を書きました。
首輪は、私たちの家族だった印です。

あと、稲穂が気に入っていたパタパタとんぼも用意しました。
羽根は燃えない素材だったので、羽根をはずしてイモムシになってもらいました。


午後10時過ぎ。父ちゃんが帰ってきました。
今日は稲穂のお通夜なので、お酒を飲みながら
稲穂の前で稲穂の色んな思い出話をしました。
この時も、あまり涙は出ませんでした。

父ちゃんと話す稲穂は、全部幸せな稲穂でした。


午前2時。毛布にくるんだ稲穂と一緒に寝ました。
稲穂と一緒に寝る、最後の夜です。
目をつぶるのがもったいなくて何度も目をあけたけど
いつの間にか寝ていました。
ここ数日で、一番ぐっすり眠れた日でした。




***






5月31日(土) 7時頃起床。雨。


稲穂と一緒にリビングに行く。
ぼんやり稲穂に話しかけながら頭をなでる。

昨日読んだものの後に届いたメッセージを、また稲穂と読む。
ブログにいただいたもの、猫の集会場(SNS)の日記にいただいたもの、
個人的にメッセージをいただいたもの。100件以上のメッセージ全てが、
がんばったね、えらかったね、おつかれさま、だいすきだよ、かわいい稲穂ちゃん、
そんな言葉で埋め尽くされていた。
聞いていた稲穂もきっと喜んでいるだろう。

午前9時頃から、少しずつ準備を始める。

午前11時。猫の集会場で知り合った友人からお花が届く。
キレイな白と青の花と、稲穂らしい小さな、黄色い花。

午前11時半。妹が稲穂に会いに来てくれた。
まだ一度も会っていない方の妹で、もっと早く会いに来ればよかったと泣いてくれた。

正午。近くのパルコに出向いて、写真の現像をして、
遺影を入れる写真立て、花束、リボン、封筒、鳥のササミを購入。

写真は、稲穂と映っている私と父ちゃんと千代丸。
稲穂は脳みそがちっちゃいので名前だけだと忘れちゃうかもしれないから
写真を一緒に焼いてもらって、忘れるなよ、と念押しする予定。

封筒の中に写真とササミとカリカリと千代丸の毛を入れた。

花束は、稲穂に似合う8本の黄色いガーベラ。
この世に生まれてから8ヶ月間、一生懸命生きたことへのお礼。



173_08




午後3時。稲穂を抱っこして、家の中を回った。
うちに来た時に初めて会ったのはこの和室だったね。
リビングは稲穂のお気に入りの場所だらけだった。
寝室は、よく千代丸と一緒に寝てたね。
お風呂は、シャンプーされたり湯船で溺れたりで、あまりいい思い出がないかな。
オタク部屋では、先週、父ちゃんのヒザに飛び乗ったね。
玄関ではよく父ちゃんの靴ヒモをかじって遊んだね。
ベランダは結局1回も出れなかったね。夏になったら出してあげようと思ってたよ。
そんな話をした。


最後にもう一度、千代丸とお別れをする。


173_09



この日、千代丸はずっと落ち着かない様子で、
天井を見たり、風呂場で鳴いたり、稲穂の近くで寝たりしていた。
人間には見えないけど、稲穂がそのへんにいるんだろうか。
千代丸の目線を追うと、稲穂は相当元気に部屋を走り回っているようだ。




午後3時半。稲穂を抱いて、クルマで出発。

火葬場に行く前に、多摩川に寄って行くことに。
本当は、もっとあたたかくなったら稲穂を連れて多摩川に行くつもりだった。
小心者の千代丸は楽しめなかったけど、根性の座っている稲穂なら
きっと多摩川の土手を、のしのし散歩できると思ったから。
霧がかかっていたけど、稲穂にゆるやかな多摩川を見せてあげた。



***

午後4時半。深大寺にある動物霊園に到着。

火葬場で、稲穂をピンクのタオルに移して、最後の別れ。

昨日から今日まで、ずっと稲穂をなで続けていたけど、まだまだ足りない。
稲穂をなでて、手を握って、本当に本当のお別れになった。


煙突から白いケムリが出ていた。
稲穂が、元気よく天国に登っていったのが分かった。

待合室の外に出たら、茶トラの猫と出会った。
茶トラを代表して、稲穂に手を合わせに来てくれたのかね、と父ちゃんと話した。



午後5時半。係りの人に呼ばれて、再度火葬場に。

稲穂の骨は、想像以上に小さかった。
頭蓋骨以外はどこが何やら分からないほど。
係りの人に、これが肩甲骨で、背骨で、手足で、しっぽで、と言われて
初めてその骨格が見えてきた。

ちっちゃいね、と呟いたら、
係りの人も、ちいさいですね、と言った。
まだ8ヶ月だったんですね、と言われた。

あー、稲穂は本当に、まだまだこれからの命だったんだな。

小さな小さな骨を骨壷におさめて、火葬場を出た。

稲穂の入った骨壷は、これも想像以上に軽かった。

稲穂の魂は、本当に天国に行ったんだね、と話した。




***



午後6時。帰宅。



173_10



つい数時間前まで、稲穂が眠っていた場所に、小さな骨壷を置いた。




午後8時。精進落としのために、居酒屋に行って
お酒を飲みながら稲穂話をする。

笑いながら稲穂の話をして、時々泣いた。

ついうっかり私が、「稲穂に会いたいね」と言ったら
ふたりとも涙がとまらなくなってしまった。





午後9時過ぎに家に帰ってきた。

部屋に入ったら、稲穂の遺影が視界に入ってきて、また泣いた。

私はリビングで、父ちゃんはベランダで泣いた。


話す時は意識して笑いながらしゃべってるけど、本心はふたりとも同じだ。

稲穂に会いたい。会いたい。
もう会えないなんてひどすぎる。
私も父ちゃんも稲穂も、何をしたって言うんだ。
あんなに一生懸命生きた子を、どうしてこんなに早く奪うんだ。
稲穂は色んな病気を克服して、やっと健康になって、
これからたくさんの出来事を経験するはずだったんだ。
せめて、1歳の誕生日を祝わせてください。
稲穂をかえしてください。お願いです。



でも、稲穂は、毎日楽しそうに生きてたね。
起きている時間の大半、のどをゴロゴロ鳴らしてたね。
メソメソ泣いてる人間とは裏腹に、当の稲穂はきっと、
体が自由になって、トコトコと天国に行ったんだろうな。
それが安心なような寂しいような気がした。




***




父ちゃんと何度も、この5ヶ月間は幸せだったね、と話しました。
たった5ヶ月とは思えないほど、濃い時間だった。




173_07




稲穂に会えてよかった。楽しかった。幸せだった。

強がりじゃなく、心からそう言えるのは
稲穂が幸せそうだったからだ。


稲穂、たのしかったね。
また帰ってきてね。


稲穂、また会おう。約束。




***



6月1日 昨日の大雨とはうって変わって、快晴。

昨日に続き、今日もお花が届いた。



174_11




どちらにも、黄色い花が入っている。

黄色が稲穂に似合うって、みんな分かってくれてるんだね。

稲穂は今、キレイな花に囲まれてるよ。
よかったね稲穂。

コメント

>makotoさん
ご心配いただき、本当にありがとうございます。
元気にしております♪
今日から千代丸ブログを再開しましたので
どうぞよろしくお願い致します。

tanicoさんへ

元気にしてますか?
悲しんでばかりじゃ、稲穂君に叱られちゃいますよ!

私も悲しくて悲しくて、読み返しては泣いてます。。。。。
何時か稲穂君に会える事を神様にお願いしています。

泣き虫な小母さんより。。。

我が家は少しずつ日常を取り戻しつつあります。
いただいたコメントにお返事できず申し訳ございませんでした。
でも、全てのコメントは稲穂に読んで聞かせましたので
稲穂は皆さんからの「がんばったね」という言葉を胸に、
元気よく天国に旅立っていったと思います。

>茶子ママさん
ありがとうございます。
天国には、稲穂の兄弟猫もいるので
今頃一緒に遊んでいることだろうと思います。
稲穂はいつまででも遊びたがるヤツなので、
お兄ちゃんがくたびれてないといいけど・・・。

>xiwangさん
ありがとうございます。
稲穂とまた会ったら、次こそは一緒に多摩川に行きたいです。
本当は稲穂用にオーダーメイドでハーネス付きベストを
作っていただいている途中だったので、
それを付けて一緒に散歩できなかったのが残念です。

稲穂はどうやら、今、全国のお友達にお礼行脚しているようで、
あちこちのお宅に出没しているようです。
多分xiwangさんのお宅にも行くかと思いますので、
その時はまたたくさんほめてあげてください。

>DEBNEZさん
ありがとうございます。
稲穂はかわいすぎて、神様に気に入られちゃったのかね、と
父ちゃんと冗談で話したりしています。
たった5ヶ月だったけど、ギューッと濃縮された5ヶ月でした。
どの日を切り取って見ても、必ずそこにかわいい稲穂がいます。
心から、幸せな日々でした。

>ネコさん
ありがとうございます。
いつかネコさんに稲穂を会わせたかったけど、間に合いませんでした。
さすがに今すぐは元気になれないけど、少しずつ復活してきてます。
そのうち、今まで通りの「千代丸です。」に戻りますので、
そしたらまた遊びに来てくださいね。

>5にゃんこママさん
ありがとうございます。
ブログを見て、幸せな気分になっていただけたなら嬉しいです。
私も父ちゃんも(千代丸も?)本当に幸せでした。
今でも、父ちゃんと顔を合わせるたびに
「稲穂ってかわいいヤツだったよね~」と話してます。

>もりもりさん
ありがとうございます。
毎日一緒にいると、いてくれて当たり前だと思ってしまうけど、
やはり、いつかは消えてしまう命。
もりもりさんちのネコさんを、これからもたくさん
かわいがってあげてくださいね。

>makotoさん
ありがとうございます。
昨日、今日と、千代丸が誰かと運動会しています。
多分稲穂がフラッとうちに遊びに来たんじゃないかな?

稲穂がいなくなってしまってさみしいけど、
少しずつ前向きになりつつあります。
それはやはり、いつか稲穂と会える、と思ってるからだと思います。
本当は、今すぐにでも稲穂に会いたいけど
稲穂はやっと天国でおにいちゃんと再会している頃なので
稲穂がそろそろいいかな?と思って、
私のところに戻ってきてくれる日を楽しみに待とうと思います。
でも母ちゃんは案外寂しがり屋なので、なるべく早くね、と
稲穂にお願いしています。

>鍵さん
ありがとうございます。
鍵さんのおっしゃる通り、今頃は稲穂と兄ちゃんは天国で出会っていることでしょう。
お互いに存在を忘れてないといいんだけど・・・
稲穂の兄ちゃんは千代丸兄貴だけ!とか言って戻ってきてくれないかな。

>kichizoさん
ありがとうございます。
かわいい家族を失うと、失った悲しさや今までの感謝の気持ちや
色んな感情がごちゃ混ぜになって押し寄せてきますね。
だから1日に何度も笑ったり泣いたりで大変です。
稲穂がいつかまた戻ってきてくれると信じているので、
しょっちゅう空に向かって、まだ?まだ?と聞いてしまってます・・・
稲穂にウンザリされてたらどうしよう・・・

>momoさん
ありがとうございます。
稲穂は意識を失う最後の最後まで、目に力があり、
息を引き取った時にはいつも通りのかわいい寝顔に戻っていました。
なんだか今でも稲穂が寝ぼけた顔で起きてくるような気がします。

稲穂が茶トラじゃなくても、私は絶対に気づく!と言ったら
父ちゃんが「オレは自信ないかも・・・」などと頼りないこと言ってました。
なので稲穂、父ちゃんのためにもできれば次も同じ洋服でお願いね!

>おでぶにゃんこさん
ありがとうございます。
私も稲穂に、また戻っておいでね、と願う時に必ず
でも次は元気な体でね!と念押ししています。
どうも稲穂はこの世に生まれてくる時に「太く短く」カードを選んでしまったようで、
できれば次は「太く長く」を選んでほしいなぁと思ってます。
千代丸並みに頑丈に生まれてきてくれたら、いいな。

>じぇりぃのままさん
ありがとうございます。
稲穂は一番太っていた時期でも3.2キロだったので、
茶トラにしては相当小柄な子でした。
だからかな、気合いとかわいさがその小さな体に濃縮されて入ってました。
最後の最後まで、心臓を動かそうと頑張っていた稲穂は本当に自慢の息子です。

>ちょんまげさん
ありがとうございます。
稲穂とたくさん遊んでくれて、ありがとうございました。
稲穂もきっとちょんまげさんに遊んでもらったことを覚えているので、
そのうちちょんまげさんちにお礼に行くと思います。
ちょりさんが普段と違う行動をしたら、きっと稲穂が来てる証拠です。
そしたらまたいっぱいほめてあげてください。
ちょりさん、その子はちょりさんの敵じゃないから怒らないでね。
できたら一緒に遊んでほしいけど・・・さすがに無理かな?

>鍵さん
ありがとうございます。
洗い立ての後頭部・・・本当にかわいかったですね。
稲穂は最後まで後頭部がかわいいヤツでした。
稲穂が戻ってきてくれたら、すぐにご報告しますので
その時を楽しみに待っていていただけたら嬉しいです。

>鍵さん
ありがとうございます。
私の悲しみが少しずつ癒されているように、
鍵さんの悲しみも薄れていっているでしょうか。
稲穂はいつでもかわいくて面白いヤツだったので
思い出すたびに、涙よりも笑顔が出てきます。
稲穂だったから、今こうして落ち着きを取り戻せたのかもしれません。

>月〃ユエ〃月さん
ありがとうございます。
稲穂は今、たくさんの花に囲まれて眠っていて、
本当に幸せものだな~と思います。
こんなにたくさんの人に愛されたんだから、
恩返しのためにも、ぜひまた戻ってきてもらわなくては。
そしたらすぐにご報告しますね。

>harukiさん
ありがとうございます。
神様の意地悪・・・・・本当に。
神様は面食いで、かわいい子を見つけると
自分の手元に置きたがるひとなんじゃないかと思ってしまいます。
稲穂がかわいいのが分かったら早く返して!と
今でも空に向かってお願いしています。

>ねこまんまさん
ありがとうございます。
いつかねこまんまさんに、稲穂と会ってもらって
稲穂の似顔絵を描いてもらいたかったです。
でもまたすぐに戻ってきてくれると思うので、会いに来て下さいね。
そして、稲穂がおじいちゃんになるまで、見守っていてください。

>とらさん
ありがとうございます。
稲穂のために泣いてくれて、本当にありがとうございます。
黄色いお花、似合うでしょう?
特にガーベラは、小さいけどひまわりに負けないくらい元気に、
花びらを空に向かって広げていて、まるで稲穂みたいです。
これからこの黄色い花を見かけた時は、
頑張って生きた小さなネコのことを思い出してくれたらうれしいです。

>鍵さん
コメントありがとう。
あとでメールしますね。

>puuchocoさん
ありがとうございます。
稲穂は、息を引き取った後もまだ体があたたかくて、
本当にただそこで眠っているだけようでした。
千代丸はずっと稲穂のそばを離れなくて、
せっかくお別れに来てくれた2歳の子に
「稲穂に近づくな!」とばかりに威嚇しまくってました。

千代丸も、昨日・今日とひとりで運動会をやってます。
稲穂と走り回ったルートをドタドタ走り回ってて、
多分稲穂が遊びに来てるんだね~と父ちゃんと話してます。
千代丸は稲穂が見えていいなぁ、とも。

私たちの目に見える姿で、稲穂が戻ってきてくれるのはいつかなぁ。

>鍵さん
ありがとうございます。
千代丸はやっぱり少し寂しいようで、人間にベッタリくっついています。
千代丸のためにも私のためにも、早く戻ってきてくれないかな。
稲穂が戻ってきた!という記事をこのブログに書ける日を
今から楽しみにしています。

>pinponさん
ありがとうございます。
pinponさんちのネコさんが、天国で遊んでくれるんですね。
稲穂は人見知りも猫見知りもしないので、きっと喜んでると思います。
ちょっとやんちゃで、いつまででも遊ぼうとすると思うけど、
どうか仲良くしてやってくださいね。

>鍵さん
ありがとうございます。
「ウエエエエェェエェェ」のマネがうまくできたとのこと。
いつか聞いてみたいです。
ブログはそろそろ再開できると思いますので、また遊びに来てくださいね。

>鍵さん
ありがとうございます。
10ヶ月のネコさんを亡くされたとのこと・・・
若いネコが亡くなるのは本当につらいです。
せめて1歳の誕生日は祝ってあげたかったですね。
稲穂にしてあげたかったいろんな事、今度稲穂が戻ってきたら
絶対に全部やってあげたいです。

>鍵さん
コメントありがとう。
あとでメールしますね。

>鍵さん
ありがとうございます。
最初の数日は私も父ちゃんも泣きまくりましたが、
今はずい分落ち着いてきました。
心配してくださってありがとうございました。
ブログを見ていた方から、「稲穂は幸せだった」と言ってもらえるのが
一番嬉しいです。稲穂をかわいがってくれて本当にありがとうございました。

>squbitさん
ありがとうございます。
私もsqubitさんのブログを拝見してきました。
本当にクーさんと稲穂、全てが同じですね・・・
こんな同時期に、2ひきもかわいいネコを奪うなんて
神様はどこまで強欲なのか・・・
稲穂とクーさんは天国に行く途中で会ってるかもしれませんね。
クーさんと同じ日に亡くなった、私の友達のネコさんもいるので
3ひき仲良く天国に向かっていることでしょう。
みんなで元気に遊んでいるといいな。

>みくの母さん
ありがとうございます。
過去のブログを見て、稲穂が幸せであったことを感じてもらえたなら
本当に嬉しいです。(自分ではまだ見れないです・・・)
早く、稲穂の写真を笑顔で見れるようになりたいです。

>よっちゃんさん
ありがとうございます。
稲穂、そしてよっちゃんさんちの3ひきの子猫さんの命を奪った
憎い病気は全て滅んでほしいです。
全てのネコさんが、健康に、その命を全うできるような世界に
なってくれたらいいですね。

はじめまして、猫集でお世話になっている、よっちゃんといいます。稲穂ちゃんよく頑張ったね、自分も今、7匹の猫と3匹の犬に囲まれて生活していますが、自分も先月、3匹の生後間もない子猫を病気で亡くしました。稲穂ちゃんはきっと天国で元気良く走って遊んで、そして、千代丸さんにたくさんの感謝をしていると思います。稲穂ちゃんのご冥福を遠く離れた島根より心からお祈り申し上げます

「今日という日」をつらい中、書いてくださってありがとうございました。
何度も泣きながら読ませていただきました。
自分の愛しい猫を見送った時のことを思いました。
そして、こちらにおじゃまするようになってまだ日が浅い私は、
改めて、稲穂ちゃんが家族になった日のブログから読み直しました。
ますます切なかったけれど、tanicoさんのおっしゃった
「稲穂は幸せそうだった」というのが本当にわかりました。

稲穂ちゃん、頑張ったね。
稲穂ちゃん、楽しかったね。
ありがとう

はじめまして、
puuchocoさんのブログを見てはじめて読ませていただきました。
稲穂ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

実は私のクーさんという猫も同じ病気、同じ時期に天国に行きました。
あまりにも境遇が似ていて、同じようにつらい思いをしています。
また昔飼っていた犬が深大寺の動物霊苑に眠っています。
妙な共通性があって、他の人が書いたブログが自分の書いたブログのように感じてしまい、自分を冷静に見れるような気がして、少し気が楽になった気がします。

稲穂ちゃんとクーさんはきっと天国で会っているんではないかと思いました。
これからブログ見に来ます。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

天国は心配なしです!

愛するご家族を失ってしまった、
Tanicoさん、おとうさん、千代丸兄貴の悲しみ、
心から、おさっし申し上げます。
その中で、きちんと弔いもして・・・

私も、大変、恐縮ですが、心で献花させて頂きました。

涙はすぐには止まらないでしょうけど、
みなさんの気持ちは稲穂くんには、もう十分伝わってると思いますよ。
稲穂くんはみなさんに「ありがとう」っていってますよ。

そして、きっと「僕は大丈夫だからもう泣かないで」っていってますよ。


私事で、大変、恐縮ですが、
16年間一緒にいて、今は天国にいる、私の猫に、
稲穂くんっていうかわいい男の子が行ったら、
仲良くして、ちゃんと鶏肉をごちそうするように!っていっときましたから!
やさしい女の子なんで大丈夫ですよ。


稲穂くんの為にも早く元気になって下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読ませていただきました。
tanicoさん、ありがとうございます。

稲穂たん、とってもフワフワで綺麗な身体。安らかな顔で眠っていますね。
千代丸おにいちゃんが、ちゃんと稲穂たんにお別れしたのですね。
さすが、お兄ちゃんですね。

稲穂たん、いまはまだみんなのすぐそばに居ますね。
四十九日ぐらいまでは千代丸くんと遊んだりすると思います。
うちの猫が亡くなったときそうでしたから・・・
残された猫が、部屋中ひとりで運動会したりするんですよ。もちろん、わたしには見えませんでしたが・・・
あぁ、今帰ってきてるんだな。っていつも嬉しい気持ちになりました。

稲穂たん、今頃は軽くて元気な身体でいっぱい走り回ってるでしょうね。
そして、けろっとした顔で、「ママ、パパ、おにいたん、ありがとーー」って言ってそうな気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

涙で最後まで一気に読みきることが出来ず、何度も中断しては
今、やっと読み終えました。
稲穂ちゃんはtanicoさんや父ちゃん、千代丸くんにたくさん愛情を
もらって、たくさんの楽しい思い出を持って旅立っていったからきっと
寂しくないよね。
黄色いお花、稲穂ちゃんによく似合ってます。
ありがとう、稲穂ちゃん。

tanicoさん、ゆっくりお身体を休めて下さいね。
そして、千代丸兄ちゃんに元気な姿を見せてあげて下さい。


稲穂ちゃん、大好きでした。
わたしが出会ってからは短い間だったけれど
稲穂ちゃんのかわいいお顔、かわいい仕草を見るだけで
疲れも、落ち込んだ気持ちも吹っ飛びました。
千代丸兄ちゃんを追い越すくらい大きくなるまで
もっと、ずっと、見ていたかった。
そして、いつか本当に会いたかったな。
最後まで頑張ってくれて、ありがとう。疲れたでしょう?
ゆっくり休んだら、またとうちゃん、かあちゃん、にいちゃんの所に会いに来てね。
そして今度はずっと、おじいちゃんになるまで、一緒に暮らしてね。
楽しい、かわいい思い出を、ありがとう。
また会えるよね。

号泣です…。
可愛い可愛い稲穂ちゃん
ちゃんと母さん、父さんの元に戻って来るんだぞ!!

でも…神様の意地悪!!!

稲穂ちゃんは、tanicoさん・父ちゃん・千代丸君・・・そしてBLOG訪問者・猫仲間の
たくさんの方々に愛され幸せですね。
短すぎる生涯に、ただ涙が溢れ出すばかりです。
元気に室内で、遊んでる稲穂ちゃん
千代丸君の後をおっている稲穂ちゃん
鶏肉しゃんくださいとおねだりしている稲穂ちゃん

いろんな稲穂ちゃんが、思い出されます。

tanicoさん
稲穂君のご報告 ありがとうございます。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

稲穂たん、可愛い可愛い稲穂たん、お別れなんだね。
もう一度、一緒に遊びたかったよ。何度も何度も、遊びたかったよ。
稲穂たんの成長を、一緒に見守りたかったよ。
でも、これが稲穂たんの決められた一生だったなら、仕方ないよね。
短かったけど、精一杯生きて、愛されて、みんなに笑顔をくれてありがとう。
病気が沢山あったのに、いつも元気に乗り越えてくれてありがとう。
父ちゃん、母ちゃんはいつも心配してたよ。でも、それ以上にもっともっと
幸せをくれたんだよね。

いつかまた絶対に、父ちゃん、母ちゃん、千代丸お兄たんに会えるからね、
心配しないで、天国でものびのび稲穂たんらしく暮らしていてね。
また、会おうね。

稲穂たんはすごいね。
そんなにちっちゃい身体で病気と闘って頑張って頑張って・・・
偉かったね。tanicoさんちの自慢の息子だね。
絶対忘れないよ。 またね・・・

稲穂ちゃんはtanicoさん、とうちゃん、千代丸兄貴に囲まれて短いけど幸せな猫生でした。きっと今度は神様から元気な体をもらってtanicoさんの所へ戻ってきます。
また、会おうね。いなほちゃん!

tanicoさん、どうぞご自愛下さい。

1回目あまりに号泣してしまったので、2回目は泣かないように頑張って読みました。
でもやっぱり最後は泣いちゃいました。
稲穂ちゃん、寝ているみたいに安らかですね。
ちっちゃな身体で病気と一生懸命闘ってよく頑張りましたね。
だから神様がご褒美として早く帰してくださるかも。
お洋服を着替えても、きっとパパとママは気付いてくれるから。
早く帰っておいでね、稲穂ちゃん。

安らかな寝顔ですね

私も泣いてしまった・・・。
こんなにもカワイイこを奪われるなんて!と思わずにはいられないでしょう。
私も昨年1にゃんの大事なこを亡くしましたが、まったくおなじことを思いましたよ。

でも、悲しくても稲穂ちゃんと出会えたことは幸せだったですよね。

きっといつか、又一緒に暮らせる日が来ると信じて・・・。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

tanicoさんへ
ブログ見ながら、泣きました。。。
たった8ヶ月の命。。。今でも何だか部屋中を走り回ってるような気がしてなりません。
千代丸君、ずっと傍に居たんですね。。。
「どうして。稲穂」って言ってるのかも。。。

tanicoさん、虹の橋を渡った稲穂君は幸せ者だったと思います。
猫集の皆やtanicoさん、お父さん、千代丸君の愛情をいっぱい貰ってたから。。。

いつか、また「ただいま」ってtanicoさんの下に戻ってくるのかもしれないですよ。
「お母さん、僕戻ってきたよ、ただいま」って。。。

だから、泣かないでください。
私達も悲しい。でも、稲穂君の可愛さは忘れられませんから。。。
大丈夫。今頃神様に返してくださいって頼んでるかもしれないよ。
あの稲穂君だもん、もうしてるよ(^^;)

だから、待ちましょうよ。
稲穂君が、tanicoさんの下に変ええてくるのを。

はじめまして。
どの様に書いたらいいかわからないくらい気の毒です。
うちの子は今日で家に来て1年です。
tanicoさん、書いてくださってありがとうございました。
“命”について、考えさせられました。

どうか思いっきり泣いて下さい。
稲穂くんは短かったけれどtanicoさん家族に幸せを一生懸命運んでくれた天使だったのでは、と思います。

私も幸せのおすそ分けを頂きました。ありがとう、稲穂くん(^^)

元気印のチビ茶トラに会いたかったけど本当にお別れですね。
生まれて8か月、tanicさん、とーちゃん、千代丸と家族になって5か月。
短かすぎるけど。
笑顔と、幸せを皆にいっぱい届けてくれて、稲穂ちゃん自身もこれ以上ない
愛情を注いでもらって、良い猫生だったんじゃないかな。
虹の橋の向こうでたっぷり遊んで、皆に笑顔が戻る頃に稲穂ちゃんは帰って
くると思います!
メソメソしてると稲穂ちゃんに笑われそうなので元気出しましょうね。

はじめまして、初めてコメントします。稲穂タンがなくなったと聞いてびっくりしました。あんなにかわいかったのに。残念ですね・・・。私も去年ちび猫を助けられなかったことを思い出しました。稲穂タンはもっと生きたかったはず。でもきっと「稲穂は幸せだったニャ。ここのお家でかわいがられてよかった。これからもみんなといっしょだよ」って言ってますよ。
しばらくゆっくり休んでゆっくり元気になってくださいね。

小さなカラダで大きな大きな病気と一生懸命に闘った稲穂タン。
がんばったっ!うん、本当にがんばりました。
そのことは、tanico母ちゃんさん、父ちゃんさん、千代丸さんが一番わかってくれているよ。

ブログの中の稲穂タンの写真と言葉からたくさんの幸せと楽しい時間とチカラをもらいました。
ありがとう、ありがとう、稲穂タンそしてtanico母ちゃんさん、ありがとうございます。

今度逢うときは、夏を一緒に過ごそう。
9月生まれの稲穂タンだから、暑い暑い夏はまだ経験したことがないよね。
真っ青な空、湧きあがる雲、蝉の鳴き声、ひまわり、夕立・・・花火・・・たくさんの夏。

今日は朝から青空が見えて天気がいいよ。
天国はどうだろう?
まだ眠ってるかな?
それとも早起きして探検してるかな?
天国のあっちこっち、トコトコ歩き回る稲穂タンの姿が見えてきそう。

また逢おうね、稲穂タン。

tanico母ちゃんさん、「今日という日」を書いてくださってありがとうございました。

ありがとう稲穂ちゃん!!

去年、稲穂ちゃんのお父さん&お母さんと私のお店で会ったとき、とっても嬉しそうに千代丸くん稲穂ちゃんのお話をしてくれました。
稲穂ちゃんは、その小さな体で一杯お父さんお母さんを幸せにしてくれたんだよね♪
私も、そんな幸せなお話を聞けて一緒に幸せになりました。
有り難う稲穂ちゃん♪
虹の橋で、一杯遊んだらまた帰ってきてね!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chiyomaruneko.blog102.fc2.com/tb.php/253-0c7c18df

 | HOME | 

Ranking

Calendar

« 09-2017 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Appendix

tanico(♀)

ブログの書き手。ネコの世話人。



千代丸(ちよまる)♂ 
1998.5.25生まれ(多分)


北斗(ほくと)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)


千歳(ちとせ)♀ 
2013.04.10生まれ(適当)


稲穂(いなほ)♂ 
2007.9.12生まれ(多分)
2008.05.30永眠


日向(ひなた)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)
2008.10.10永眠





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。