千代丸です。TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千代丸なりのフィールドで

もうここ3日ばかり、全く食欲がなくなってしまった稲穂。

このまま放っておいたら病気が治る前に衰弱してしまうので、
稲穂が食べれそうなものを色々模索することにした。

昨晩のディナーにご用意しましたのは、こちら。

169_01
左上から時計回りに、ササミのミンチ、それをだし汁でのばしたもの、
ねぎとろ(ねぎなし)、猫用ミルク

あと、体調が悪くても食べてくれた子もいるというモンプチもスタンバイ。

こんだけあればどれか1つくらい、口にしてくれるだろうと思っていたが・・・




すべて、玉砕。





うぬぬ・・・稲穂め・・・てごわいヤツめ・・・


仕方がないので昨日の夜はササミのすりつぶしたやつを、
今日の朝はネコ缶のすりつぶしたのを、
無理やり5口くらい食べさせた。

食欲ないのに無理やり口にゴハンを突っ込まれた稲穂は、


169_02
段ボールの中で、無言抗議することに。


許せ稲穂。っつーか、食ってくれ。



***


で、昨日のブログにもあった通り、千代丸だけは「相変わらず」を突っ走り中。

稲穂が食べてくれますように、と祈りながらネコ缶をあければ、

169_03
真っ先にコイツが現われ、


稲穂を病院に連れて行こうと、キャリーバッグを用意すれば、

169_04
真っ先にコイツが寝室に逃げ込む。
(寝てるように見えるけど、実はタヌキ寝入り)



いつも稲穂が行ってかわいそうだから、今日はオレが病院に行ってやるぜ、とか
そのくらいの気概はないのか、な~んて思わなくもなかったが。



さっきパソコンでFIPのことを色々調べていたら、

169_05
突然、ナゾの物体があらわれた。

169_06
病院でもらった袋に頭を突っ込んでいるうちにすっぽりはまってしまい、

169_07
自分では袋がとれなくて、軽くパニック状態の千代丸。


母ちゃんはこの光景を眺めながら、また軽く心が癒されました。

千代丸は、千代丸なりのフィールドでがんばっているのだね。
体を張って人の心を癒すのが千代丸兄貴のフィールド。

その心意気、母ちゃんはしかと受け止めたぜ!


***

稲穂の病状、治療について今日分かったこと、
昨日は誤解してた部分も含めて「Read More」以降に記載しています。

文字ばっかだし特に面白いものでもないので
FIPについて興味のある方だけお読みください。


169_08
こちらが今日の稲穂シッコ(ごはん中の方、再びすみません)


今日、体重を計ったら3.2キロだった。
昨日・今日と少しずつ体重が増えており、
腹水がたまってきていることを表しているとのこと。
見た目でも触っても、確かにおなかのポチャポチャ具合が目立ってきている。

体温も39.4度から40度に上がり、ジワリジワリと
稲穂の病状が悪化の方向に進んでいることがわかる。


今日先生と確認したのは、今後の治療方針について。

昨日のブログに「たとえFIPだと分かっても治療方針が分からない」と書いてしまいましたが
これは私の勘違いで、正しくは「FIPだと判断つくまでの治療方針が分からない」でした。


FIPというのは、とっても簡単に言えばコロナウイルスが突然変異して悪さを始める病気ですが、
もう少しだけ詳しく説明してみます。

体の中にはマクロファージと呼ばれる、ばい菌やいらなくなった細胞を食べてくれる細胞がいます。
さらにマクロファージは、免疫を司る司令塔に
「こんな不審者がいましたよ」と報告する役割も持っています。

ところが、突然変異したコロナウイルスはこのマクロファージに寄生することができ、
マクロファージを攻撃された免疫司令塔は混乱して様々なアレルギー症状を引き起こします。

この、免疫機能の混乱、というのがFIPの一番恐ろしいところのようです。

マクロファージ自体は体中にいる細胞なので、
どこでどんなアレルギーや炎症が起こるか分かりません。
これが、FIPには様々な症状があると言われる所以です。

いつどこでどんな症状が出るか分からないので、先回りをして防ぐこともできず、
どうしても後手後手の対処療法になってしまうのもFIPの怖いところです。

もしFIPだと断定されたら、治療方法は
ステロイドによる炎症やアレルギー症状の緩和、
インターフェロンによる免疫調整
の2つがメインになります。

稲穂の体で起こっている黄疸や腹水、発熱がFIPによるものなら
これらの治療で緩和されるかもしれません。



しかし、もしFIPだと断定できるような検査結果が出なかった場合、
黄疸は肝臓または胆道自体に何らかの障害があるということなので
そこの原因究明と、肝機能を回復する治療が必要になります。

検査結果が出ていない今の段階では、肝機能の障害という可能性は捨てきれないものの
血液検査ではそれを表す数値は出ていない。
それならFIP治療を始めた方がいいだろうか、いやしかし・・・

というのが、今の先生の葛藤でした。


今日の話し合いで、検査結果が出るまでは余計な治療は行わず、
点滴で輸液を入れて、あとは強制でもゴハンを食べさせて体力回復を目指す。
その後FIPだと分かればFIPの治療へ、
FIPだと断定できなければ大学病院などで肝臓の精密検査を受ける、
ということになりました。


稲穂を診てくれる先生は、とてもいい人なんだけど
唯一の難点が「話が長くて分かりにくい」なので
ここまで理解するのに時間がかかりました・・・


でもまあ、何にせよこれからの道筋が見えるだけでも気持ちが違います。

やはり今の私にできることは稲穂が食べてくれるものを見つけることだ!と分かったので、
これからまたスーパーにひとっ走りしてこようと思います。



コメント

>puuchocoさん
稲穂も今、ad缶を食べさせています。
かなり嗜好性が高いという缶詰で、
稲穂が自力で食べてくれることを期待したのですが
残念ながらこれも食べる気がしないらしく、
無理やり5口くらい食べさせてます。

>元気な時は大好きだった食べ物さえも口にしてくれないから悲しいですよね。
本当にそうですね・・・
あんなに大好きだった鶏肉に全く見向きもしてくれなくて、
稲穂はもうおいしくゴハンを食べることはないんだろうか、と思ってしまうおhど。
確かに稲穂が自分からゴハンを食べてくれたら泣きそうです(^^;

>nana-bataさん
私がやっていることと言ったら
病院に連れて行くこととゴハンを無理やり口に入れるくらい。
後は、じっとしてる稲穂を見守るしかできません。
もっと稲穂のためにできることはないんだろうかと考えても
これ以上はなかなか・・・
無力な自分にガッカリです。

>おでぶにゃんこさん
リキさんは最後まで食べる意欲を持っていたんですね。
稲穂はもう、全然食欲無しです・・・
ゴハン食べないからウンチも出ないし
どんどん食べれない方向に進んでいるような気がします。

>harukiさん
コメントありがとうございます!
教えていただいたブログ、早速読みました。
どの飼い主さんもFIPという病気をできる限り理解し、
何とか克服させてあげたいと願っているんですね。
ブログを書いている方が、FIPになってしまったネコさんの飼い主から
「生き抜いたよっていう報告が聞きたい」
と記事に書いていて、心から共感しました。

>STPさん
原因が分からぬまま、黄疸は続き、腹水はじわじわ溜まっていく・・・
悪くなっていってるのは分かるのに
何もできないというのは本当に辛いです。
稲穂の体重が増えていても喜べないてのも、辛い・・・

>xiwangさん
5口食べたらとりにくマーク1個、ということは
昨日は4個たまりました!
その分悪いウイルスがやっつけられてるんですね。
ちなみに今日は1個。う~ん残念!

※xiwangさんに教えていただいたURLですが、
どうも「管理人のみ閲覧」にするとリンクが貼られないみたいです・・・
本文のところにURLを書いていただけたら見れると思いますので、
お手数ですが再度教えていただけないでしょうか。

稲穂タン、悪玉ウイルスをやっつけるためだ、一口でも多く食べて体力つけてね。
抗議してもムダだぞ~、食べるんだ~。

「5口食べたということで『とりにくしゃんマーク1個』ですにゃ」

病院の袋にはまった千代丸さん、特に2枚目の写真。
伝わってきますね~、軽いパニック状態に陥っている様子がじわじわ~っと。
袋の向こう側の千代丸さんの顔はきっと必死の形相だったのか、はたまたせつなさいっぱいだったのか。(笑)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨日の記事を読み、何を言ったらいいか分からずコメント出来ませんでした・・・
今日、こうして少し道筋が見えた事を聞いてちょっとホッ。
病気と戦う覚悟をしても何をどうする事も出来ないってのは
本当につらいですものね・・・

原因がコロナでも肝臓でも
知識が全く無くお役に立てないのが歯がゆいです。
せめて、稲穂くんが1日でも早く元気になるように祈っていますね!

千代丸兄貴、偉いね。
君の変わらない姿がどんなに母ちゃんの癒しになっているか・・・
これからも変わらず母ちゃんの支えになってあげてね!

ぜひ

http://ameblo.jp/taremimimomo/
私の行き着けのブログです。
参考になると思います。

tanicoさんの努めて明るい文章が余計に切ないです。
スーパー物色、これは重要任務です。
とにかく口にしてくれそうなものは手当たり次第買っていました。

稲穂ちゃん、何が食べたいの~?
何なら食べれる?
リキは砂ずりを薄くスライスしたものを食べたことがありました。
どうか稲穂ちゃんが自分で食べてくれますように!!

稲穂たんの元気のないお顔がせつないです。
本当に何も出来ず見てるだけでごめんなさい。
でも稲穂ちゃんにもtanicoさんにも頑張って欲しいです。
とっても難しい病気で、はっきり分からない状態が続き、
拝見させて頂いて、自分だったらtanicoさんのように
頑張れるだろうか・・・と思ってしまいました。

そんな中に千代丸くんの一発芸は、優しい気持ちにさせてくれますね。
千代丸くん、ありがとう♪

うちのプーちゃんが心筋症で闘病生活をおくっていたとき、
食欲不振の猫ちゃんの為用のA/Dとかいう猫の缶詰と免疫力UPする粉末状の流動食を動物病院に勤めている猫友達の人から頂き食べさせました。

うちのぷーちゃんも、自分からは全く食べようとしなかったので、
流動食を作って、無理矢理口の奥に流し込む。ということをしました。
体調がわるいときは、猫はごはんを食べようともしません。
なので、ほんとうに無理矢理口に入れるしかないのです。。。

元気な時は大好きだった食べ物さえも口にしてくれないから悲しいですよね。
プーちゃんの場合は、毎日がんばって食べさせてると、ある日自分から食べたことがあります。涙がでるほどの感動でした。
稲穂くんも自分で食べれる日がはやくやってくることを心から祈ってます。

看病大変ですががんばってくださいね。

では、長々とすみませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chiyomaruneko.blog102.fc2.com/tb.php/246-df5c0d2b

 | HOME | 

Ranking

Calendar

« 10-2017 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Appendix

tanico(♀)

ブログの書き手。ネコの世話人。



千代丸(ちよまる)♂ 
1998.5.25生まれ(多分)


北斗(ほくと)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)


千歳(ちとせ)♀ 
2013.04.10生まれ(適当)


稲穂(いなほ)♂ 
2007.9.12生まれ(多分)
2008.05.30永眠


日向(ひなた)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)
2008.10.10永眠





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。