千代丸です。TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールガイ千代丸

244_01
北斗、自然を装いつつ、大変不自然に千代丸に接近。




244_02
北斗、しばし考えたのち、




244_03
自慢の黒チョッキを見せて千代丸の関心を引く作戦に出る。




244_04
千代丸、去る。




244_05
・・・・・・・。









・・・・・・え~と、ドンマイ。









244_06
子猫目線で見ると、千代丸って本当にいけずなヤツ。





このクールさに、人間もネコもやられてしまうんだな。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)
スポンサーサイト

想定外日向

うちでネコが行方不明になったら(千代丸は除く)、
ほぼ100%あそこに隠れてると言っても過言ではない。




ほら、あそこですよ、あそこ。




243_08
「写真立て及び電話機の裏」エリア。



かつて稲穂がすっぽりと隠れて「神隠しか!?」と私の寿命を縮めてくれたが、
チビネコというのはどうも無性にここに身を潜めたくなるらしい。



何度も、チビが行方不明!→写真立て・電話機裏エリアで発見、を繰り返したおかげで
今日、日向の姿が見えなくなっても焦ることなく、すぐにこのエリアで発見できたわけだが、





243_02
まさかこんな格好しているとは思わなんだ。




日向が体を折りたたんでいるこの写真立ての裏がどれくらいの幅かと言うと、



243_06
分かりづらい例で申し訳ないが、開いた携帯よりも狭い。


さらにすぐ横には電話機が置いてあるわけだから、
いくらまだ子供の部類とは言え、生後4ヶ月の男の子が入るには狭すぎだろう。


きゅうくつなんじゃないの~?と思いながらも、
当の日向は余裕な顔してて、さすがはネコだなぁ・・・
というオチまで頭に想像していたと言うのに、



243_03
やっぱりキツそうじゃねーか。






***







日向ネタで、もうひとつ。





243_04
寝相そのものもツッコミ要素満載なんだけど、




243_05
さらに「白目」という合わせ技を。




常に飼い主の想定の、上をいく日向。
どこまで、というか何の上を目指しているのかは分からないが
その道を進んでくれる限り、ブログネタには困らないだろう。

日向、これからも精進するがよいぞ。




※そういえば、北斗と千代丸は白目むいて寝てるところ、見たことない。
日向と稲穂はしょっちゅう白目むいてた。
つまり、ネコには「白目むく子」と「むかない子」がいるということだ。
以上、何の役にも立たない豆知識でした。






***



角膜炎になってしまった日向の右目ですが、
さすがは若さというか、目薬点したらすぐに治りました。




243_07
すっかりきれいな水晶目玉です。







ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

ご協力に感謝

242_14
日向にカメラを向けると、



242_02
必ずカメラ目線になる。



242_05
北斗にカメラ向けてみても、



242_06
必ずカメラ目線。(眉毛にゴミついてるけどな)



242_13
千代丸の、信念すら感じる「否!カメラ目線」に慣れているだけに、新鮮な驚きだ。





まるで正反対なリアクションをしてくれる千代丸とチビ達を見るにつけ、
ネコはもともとカメラ嫌いなんではなく、
撮られすぎてキライになるのだな、としみじみ思う。



・・・ということは、日向と北斗もいずれはカメラ嫌いになってしまうのか。




今がとっても協力的なだけに、その日が来たら涙出るかもな。さみしくて。
どうか1日でも長く、カメラ目線ネコでいてくれますように。






242_09
2ひきで何見てるの~と思ったら、



242_10
カメラ目線。



242_07
ほんとにキミ達、仲いいね~と思ったら、



242_08
カメラ目線。



242_11
寝てるからそ~っとそ~っと・・・と思ったら、



242_12
いつの間にかカメラ目線。(日向だけ)



実は、カシャカシャうぜぇんだよ~、という抗議だったりして。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

いまさら納涼か

今まで散々、千代丸や日向をビビリ、ヘタレ、小心者と笑ってきたが(?)、
何を隠そうそんなこと書いてる私も筋金入りのビビリだ。


大人になってずい分マシにはなったが、子供の頃はビビリ最高潮で、
部屋を暗くして寝れない、それでも怖いと親のフトンに潜り込む、
背後が気になるから目をつぶってシャンプーできない、など
必要以上の想像力を働かせては、日々をビビリつつ暮らしていた。



だから、という訳でもないんだけど。
開き直ったって訳でもないんだけど。



風呂場の掃除してて、さあ終わったと思って、後ろ振り向いて風呂場のドア開けようとして・・・





241_01

いきなりこんなんがドアに張り付いてたら、「ギャアッ」って言ってもおかしくないよね?




241_02

しかも黒い影見て本気で心臓が縮み上がっても、普通だよね?






いやービビッた。まじで。へへ。

素で「ギャアッ」って言っちゃった。
しかも声が風呂場に響いたわ。はは。ははは。


心の動揺を隠すかのように笑いながら、
「もー日向も北斗もおどろかすなよー」
なんて軽口を叩こうと思って風呂場のドアを開けてみたら・・・・・








241_03

ギャアッ!!!




ち、千代丸もいたのか・・・・・。



最初の動揺で、すっかり千代丸の存在を忘れてた。
忘れてたところにいきなり視界にあの茶色いカタマリが飛び込んでくると
大げさじゃなく、本当の本気でびっくりするよ。ははははは。



それにしてもネコって風呂は嫌いなくせに風呂場は好きだよね。


と、話をすり替えたところで、ごきげんよう。




241_04
その後、人を2回も驚かせやがって・・・・と、理不尽な怒りがわいたのは言うまでもない。





Read more »

北斗は無我夢中

今までに何回も紹介してきたことではあるが、


240_01
北斗は人でもネコでも何でも、舐めるのが好きだ。


240_02
やめさせない限り、延々と舐め続ける。
(お見苦しい無精ヒゲと薄ら笑いとTシャツの柄は無視してください)



240_03
やめさせても、どうにかして舐めようとする。




とにかく無我夢中で舐め続けるもんだから、北斗が疲れて寝る時に、




240_04
ベロが出しっぱなしになってたりする。



240_05
しかも、わりとしょっちゅう出しっぱなしだったりする。




ちっちゃいベロがちょろっと出てるもんだからつい掴みたくなってしまうが
そういう気配は察知して、素早くベロがしまわれてしまう。ちぇっ。ケチ。





***




また、別の日。


240_06
この日は、日向に照準を絞ったらしい。



240_07
ほっぺたやらアゴやら舐めまくるのはいいけど、



240_08
もしもし、北斗さん。



240_09
耳が裏返ってますよ。



240_10
いいんですか?・・・・・いいんですか。そうですか。





生後2日目から人間の手で育てられた北斗。

それからうちに来るまでグルーミングした事もされた事もないはずなのに、
な~んでこんなに好きなんだか。



好きなものがあるのは大変いいことだと思いますが、夢中になった結果は
ベロ出しっぱなし、耳裏返りっぱなし、くらいにとどめてくださいね。


そのうち「夢中になりすぎて失禁」までいきやしないか、心配です。







【おまけ】

耳が裏返るといえば、



240_11
裏返りやすさだけで言えば、日向の方が上。



日向の耳はとにかくでかい、薄い、やわらかい。
アメリカンカールの真似をするのに最適な耳と言えましょう。



あ、ちなみに千代丸は全く裏返りません。予想通り。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

妙に涼しいんですが・・・

239_05





明日、花火大会なんで涼しくなるのはせめて来週からにしませんか、とか
まだ真夏用ネタの写真でブログに載せてないのがあるんですが、とか
人間(というか私だけか)の都合も色々あるというのに、
そんなことお構いなしであっという間に秋の気配になってしまった。


今日なんか涼しいを通り越して、肌寒いくらいだ。





239_06
こんな気候じゃネコの昼寝シーンにも変化が出るのも当然で、




239_07
ピットリ寄り添って寝る者あれば、





239_08
わずかな日光を求める者あり。




いきなりの気温低下で妙にあの暑さが懐かしくなってくるが、
ネコ達のこういう姿を見ていると、寒いならではの楽しみがあるのを思い出した。



そう、ネコ団子だ。



今年はみたらし2ことごま1こ。
おいしい団子をお見せできる日は、近い(多分)。






239_01
みたらし×ごまなら、今でも見れるんだけどねぇ。






【おまけ】

↑のように2ひきくっついて寝ると、


239_04
大概こういうことになるわけだが。


へたっぴはへたっぴなりに練習した成果か、
日向もずいぶんグルーミングがうまくなったように思う。



239_02
後ろから羽交い絞めにして、北斗にトサカを作ってあげたり、



239_03
北斗の顔が傾くくらい、力任せに耳を舐めたり。





なんか、乱暴なんだよな。日向は。







ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

いつの頃からか

ネコがよくやる座り方で、「香箱」というものがある。


238_04

このように、両手を胸の下に折りたたむ座り方。
(モデル:千代丸。写真は過去の記事から流用)


両手がしびれないのかナゾだが(特に千代丸みたいなネコは)
犬が香箱座りしているのは見た事がないし、
恐らくネコ独特の座り方なんだろう。




で、どのようなコツがあるのか人間にはよく分からないのだが、
子猫は大概、香箱ができない。




238_05

このように、どっちかの手が外に出てしまう。
(モデル:稲穂。写真は過去の記事から流用)



一説によると、子猫はまだ皮下脂肪が少ないから
骨が当たって痛くて香箱ができないのだとか。

確かに子猫って、フワフワして見えるのは全部毛で、実は骨ばっている。



238_03
だから、日向が香箱できないのは全然いいんだけど、



238_02
北斗は、いとも簡単に香箱作っちゃうんだよな。これが。



上記の説に則って考えると、北斗はすでに皮下脂肪充分ってことだぞ?
まあ、それはそれで納得してしまうけど。





238_01
日向のこれとかは、惜しい!もうちょっとだ!





***




ちなみに稲穂が香箱を作れるようになったのはうちに来てから1ヵ月後。
つまり、生後5ヶ月を過ぎた頃。

北斗は生後4ヶ月ですでに香箱を作っていて、
日向はまだまだ香箱作る気配もなし。


・・・・千代丸は、いつから香箱作れるようになったんだろう?



こういう、この子はいつからこれができるんだ?とか
いつの間にこんなにでかくなったんだっけ?とか
記憶を辿る時に、デジカメ&ブログというのは本当にありがたい。

千代丸の小さい頃も色々記録に残しておけばよかった、と今さらながら後悔。


香箱以外で、千代丸の「あれ?これはいつから?」と思うのは、

●ゴロゴロ言い出した頃(初期は全然言わなかった)
●マタタビにえらい反応するようになった頃
●逆に、マタタビの反応が鈍くなった頃
●玄関に見送り&お出迎えをするようになった頃

などがある。あああ、当時からブログがあればなぁ。





【おまけ】

千代丸はいつの頃からか、デブネコへの道を歩み始めたわけだが、
果たしていつからだったかを健康管理手帳からたぐってみた。


99年5月(1歳) 手帳には記録がないが、4キロ少々だったと記憶している。

00年11月(2歳) 6.5キロ

00年12月(2歳) 7.1キロ

01年9月(3歳)  8.5キロ

・・・最初の3年間、全く成長スピードが衰えなかったということか。
たった1ヶ月でなんで600グラムも増えてんだ。





その後、千代丸は6歳時に10キロの世界に到達する。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

氷点下の怒り

237_02
窓からそよそよと流れてくる風にご満悦の様子の千代丸。




237_03
しかし、その千代丸のリラックスタイムを邪魔しようとするバカタレがここに・・・。




237_04
案の定シッポに飛びついて、また千代丸に怒られるんだなぁと思ったら、




237_05
思いのほか、余裕な様子の千代丸。




237_06
再度、日向がアチョーーーー!!!と飛びつくが、




237_07
やっぱり全然意に介していない千代丸。


あらま千代丸。いつの間にかそんなに心が広くなっていたのねぇ。
暑さがひと段落したから、ゴキゲンなのかしら。





237_08
3度目のアチョーーーー!!!も全然余裕だね~・・・・




237_09
・・・・って、あれ? 千代丸?




237_10
実は、じんわり怒っていませんか・・・・?





はい、昨日に引き続きお送りしました、「千代丸、本気で怖い」。


よくいますよね。怒ると周囲の温度が下がったかのようになる人。
最近の千代丸は時々そういう怒り方をするので、余計に怖い。
千代丸の威嚇に免疫ができてきたっぽいチビ達に有効な手段なのかもしれないが・・・



特にビビリの日向には効果てきめんで、この日は威嚇されなかったにも関わらず
さっさとシッポまいて逃げ去っていった。(ならシッポにじゃれるな、と言いたい)



千代丸の氷点下の怒りはそんなに怖かったかい?日向さんよ。




237_01
べ、べちゅにびびってなんかねぇよぉ







この後、日向を抱っこしたら心臓がすご~く早打ちしておりましたとさ。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

夏休み中のネコは。

いやー、今年の夏休みもクタクタに疲れました。



色んなものを見まくって、いっぱい感動しました。









236_02
例えば甲子園ですとか。




236_01
または、オリンピックですとか。






どっちも放送時間かぶってるし、
オリンピックはあちこちのチャンネルで競技やってるし、
リモコンのボタン操作が大変でしたわ。

NHKで放送してるとCMがないから、休憩もままなりませんしね。



さらに目が悪くなったような気がする、夏休みでした☆






***






さて、飼い主がテレビの前から動かなくなっている間、
ネコ3ひきは何をしていたかと言えば、



236_03
妙に3ひき一緒にいることが多くなってた。



仲良くなったから、と言えればいいのだが、特にそういうわけでもなく、
多分、千代丸がチビ達のそばにいても安全になったからだろう。
(チビ達が無闇やたらに遊びを仕掛けてこない、等)




ただ、ネコのスリーショットが普通になったとは言え、
↑くらい千代丸とチビがくっついてるのは珍しい。


相変わらずヨダレ垂らしながら写真を撮りまくったわけだが・・・・・




・・・・・どうも何かがおかしい。





236_04
とっても微笑ましいかわいいシーンなはずなのに、何なんでしょうか。




236_05
この、そこはかとなく流れる緊張感は。





236_06
日向の心境は、この半分落ちてるオケツに表れていると言っていいだろう。





人間の子供は成長していくうちに「恐怖」が芽生えるというが、子猫も同じだ。

日向に「恐怖」の感情が芽生えたことで、
千代丸の存在感といいますか威圧感といいますか、
何とも形容しがたいオーラを敏感に感じ取れるようになったらしい。


まー、人間の大人でも千代丸の威圧感には押されるくらいだから
子猫の日向からしたらそりゃあドキドキだよね。




236_07


だから、さっさと北斗のところに逃げ込んだキミを、「へたれ」とは言わんよ。
心の動揺を隠すかのように北斗をなめまくるキミを、「小心者」とは言わんよ。



ええ、決して。







ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

個性際立つおもてなし

日向と北斗、もうすぐ生後4ヶ月。
以前から違う個性を持っていた2ひきだが、最近、それぞれの個性が色濃く出てきたように思う。


ちょうど今日、妹がうちに来たので、
千代丸、日向、北斗、それぞれのお客様のおもてなし方法をご紹介しよう。




まず北斗。こいつはさすが人間大好きなだけあって、



235_01
いきなり妹の手をなめながら、ゴロゴロと喉を鳴らし始める。




ちゃんとお客様にあいさつできるのはえらいが、ちょっと愛想よすぎじゃね?
(飼い主の複雑な嫉妬心)






さて日向。口だけ達者でヘタレキャラだった日向は、




235_02
日向・・・・・・・は・・・・・



235_03
・・・・どうも「ヘタレ」の方の個性が強まってきたっぽい。





明らかに妹に対して警戒する日向と、その横で妹の手にじゃれついてる北斗。



同じ環境で育っても、こうも違いが出るもんなんだなぁ。

日向がそのうち、ピンポンが鳴っただけで姿を消す
「幻の猫」になるんじゃないかと、今から心配だ。








で、トリを務めます千代丸は。





235_04
「なぜ客に挨拶せねばならんのだ」とても言いたげな雰囲気だが、





235_05
なんとか、その重い腰を上げていただく。





235_06
兄貴の挨拶=匂いチェック。





235_07
とにかくとにかく、嗅ぎまくる。





235_08
途中からなぜか北斗の匂いチェックをし、





235_09
そのまま無言で去って行かれました。






千代丸は、決して客にビビらない。
でも歓迎しているわけでもない。

何がしたいのかよく分からず、千代丸に会ったお客様は全員ポカーンとする羽目になる。


千代丸は若い頃は「幻の猫」だったのだが、
いつの間にかこういう訳の分からん挨拶をするようになった。
一体誰に何を教わったらこういうことになるのやら。




ま、姿を見せるだけマシか?







235_11
遊ぶ北斗。父ちゃんの足の間からこっそり覗く日向。寝る千代丸。





これが3ひきの、個性際立つおもてなし(?)方法だ。




235_12
千代丸は「ネコの自然体を見せる」という、上級おもてなしをしているのです。きっと。たぶん。









【おまけ】


千代丸が妹の匂いチェックをしている時、
こっそり日向が妹に近づいてきてたのにお気づきだろうか?


途中から千代丸の巨体に隠れてしまったのだが、千代丸が去った後に日向の姿を見たら、



235_10
なぜか寝っころがりながら妹を見てた。






この日向は何がしたいのか?


千代丸以上に、訳が分からんです。








ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

膝の上のネコ

日向・北斗は、とにかくヒザの上に乗るのが好きだ。


稲穂も好きだったけど、こいつらほどではなかった。
2ひきはもう、私のヒザは通勤ラッシュ時の空席かっつーくらいに
あいていれば必ず!すかさず!もれなく!乗ってくる。

ヒザに乗ること自体はかわいいし、いいんだけど、




234_01
こいつらには、ヒザの上に乗る際のある共通点がありまして、




234_02
それは「とってもとっても無防備な体勢で乗る」ということ。




234_03
日向よ、今私が手を離したらどうなるか分かっているのか?



もともと人間にくっつくのが好きな上に、2ひきそろって冷房が苦手らしく、
人間のヒザの上で軽く暖を取ってるんだけど、でもやっぱり夏だから暑い。
そんな「寒いけど暑い」という相反する気持ちが、無防備な寝相となって表れるのだろう。


もう今となっては、寝る時はヒザの上、と習慣づいてしまったようで、
一日中どっちかのネコがヒザの上にいるようになってしまった。





234_04
昼間パソコンに向かっていれば、必ず視界にネコが。



234_06
まさに「くっつきたいけど、あっち~~~」を表現している体勢。



234_05
その足、「あっちぃから、これいじょうくっつくなよ~」って言ってる?







そして夕飯時。
もちろんチビ達に、「ゴハン時は遠慮する」なんて発想はあるはずもなく、



234_08
私のヒザには日向が乗って、



234_09
父ちゃんのヒザには北斗が乗る。



234_10
しかも、明らかにテーブル上のなにかを狙ってるし。(多分、ごましおキュウリ)




234_12
しかもしかも、明らかに父ちゃんにおねだりしてるし。




北斗がヒザの上に乗るのは、「食料ゲット」という目的もあるらしい。








***







234_13
もちろん、千代丸はヒザの上に乗ってきませんよ。



234_14
理由は言わずもがな、ですが。





そう、「もう自立した大人だから」です。




誰ですか。「でかすぎてヒザの上に乗れないから」なんて失礼なこと考えた人は。






ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

試練だ北斗!

毎度毎度のことだが、私が台所に立った途端、



233_01
頼んでもいないのに、チビ達がスタンバッてくれる。



233_02
そんなチビ達を見て、兄貴が「オレにもメシよこせ」と訴えに来る。




233_03
10分もすれば、日向も千代丸もあきらめムードになるのだが、




233_05
コイツだけはぜっっっっったいに、あきらめない。




233_04
ほくとわずっとずっとまちまつ。おかあたんをしんじているのでつ。






そんな、信じられてもな・・・・。





チビ達は「私が台所に立つ」=「メシ関連」と覚えてしまい、
千代丸は「チビ達が台所にいる」=「メシ関連」と覚えてしまった結果、
最近の台所の人口(猫口)密度が大変高まっている。
ご想像通り、とってもとっても邪魔だ。


また、上記の一連の写真に関して、特筆すべきことが一つある。


それは・・・・
















実はこいつら、ゴハン食べた直後だ。












この時私が台所に立ったのは、ネコの食器を洗うためだったりする。


たらふくゴハン食べた直後に、この催促。
キミ達の、というか北斗の満腹中枢はどうなっちゃってんの????

気がつくと日向や千代丸のゴハンまで奪って食べる勢いの北斗は、
生後3ヶ月とは思えない腹肉の「プヨ」感を出しつつある。


やばい。このままでいったら、北斗の歩む道は「千代丸コース」だ。
千代丸サイズは一家に1ひきで充分なのです。
2ひきもいたら色々と大変なことになるのです。
災害の時とか、千代丸を2ひき連れては避難できないのです。


北斗よ、健康のためにもその底なし食欲はどうにかしなさい。
また、何でも食べようとするチャレンジ精神もどうにかしなさい。




233_06
・・・・・・・・・・。





233_07
・・・・ちょっぴり、おいしそうなにおいでつね~っと・・・・・。






233_08
・・・・・・ほんのひとくちでもいいんでつけどね~っと・・・・・。





耐えろ!耐えるんだ北斗!


・・・・この後、「ゴキュッ」と生唾を飲み込みやがった・・・・人間かお前は。









【おまけ】


ゴハンネタ繋がりですが、


233_09
ある休日の昼、モスバーガーを食べる父ちゃん。



233_10
そしてその父ちゃんを見つめる、見覚えのあるジト目。


元祖ジト目→「稲穂の恨み節」








ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

試練だ日向!

自分のしっぽですら、
232_01
ん?なんだこりは??


大興奮のおもちゃになってしまう日向。
232_02
アチョーーーーーー!!!!




さすがは遊ぶのが仕事の子猫。
視界にチラチラ入り込むものは、とりあえずじゃれとくらしい。


おもちゃとしては遊びづらい部類の「自分のしっぽ」にすらじゃれるんだから、
そりゃあ千代丸のしっぽは飛びつきたくて仕方ないことだろう。
たまに、人間ですらちょっかいかけたくなるしね。



日向・北斗はまだまだ遊びたい盛り。
千代丸のしっぽはサイズといい動きといい、おもちゃとして最適。



だから、こうなっちゃうのも分かるっちゃー分かるんだけど、





232_03
せっかくこんなんなったり、



232_04
こんなことになったりしてるのに、




232_05
しっぽを発見したとたんに



232_06
ヒャッホーーーイ!!ってなって、




232_07
じゃれじゃれしちゃうんだよな。
















もちろんこの後、千代丸、大・激・怒。












ずっとこの繰り返しで、なかなかチビ達と千代丸の距離は縮まらない。




かつて稲穂がそうだったように、千代丸の指導によってチビ達も
「千代丸はしっぽを触られるのがキライ」ということを学ぶ日が来るのだろうか。


今のところ、おのれの遊びたい気持ちを最優先しちゃってるみたいだけど、
千代丸と仲良くなるためにはそこはグッと我慢していただかねばなるまい。



チビ達ももう、赤ちゃんじゃないんだからね。
「我慢」を覚えて大人になってゆくのだよ。






232_08
・・・・・・・。                        


232_09
・・・・・・・。                        



232_10
・・・・・・・あ~シッポだな~っと・・・・。                        




232_11
・・・・・・・あ~じゃれたいな~っと・・・・。                        





耐えろ!耐えるんだ日向!



・・・・っていうか、千代丸、
分かっててわざと気づかないふりしてないか?








ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

ネコにも寝ぐせができる

231_01
暑い・・・・



231_02
暑い・・・・・



231_03
くそ暑い!!



231_04
・・・・・・・・・・。





ああ、いや、決して千代丸の腹毛がくそ暑いというわけでは・・・
とにかく昨日・今日と、大変蒸し暑くてですね、
その不快感を視覚的に表現してみようかと思っただけでして、
ああ、いや、決して千代丸の腹毛が不快というわけでは・・・





あーー・・・・まあ、そんなわけで、だ。







ピカーンと晴れた暑い日は、アレ日和ということで、


231_05
こいつらを風呂に入れた。



稲穂の時にも思ったんだけど、子猫ってわりとにおい強くないですかね。
人間の子供と同じような、体温と汗によってムハ~~ンと発酵されたようなにおい。

それはそれでクセになりそうな「かほり」なんだけど、
翌日、お客様が来ることもあってジャブジャブ洗わせていただきました。


2ひきまとめて洗っちゃったけど、どちらも暴れたり鳴いたりしないので大変助かる。
ちなみに千代丸・稲穂・日向・北斗と、4ひきのネコを洗ってきたが
全員、「お風呂はイヤだけど暴れるほどではない」らしい。
千代丸の場合は単純に、洗うのが大変、というだけだ(でかすぎて)。





さて、ジャブジャブ洗われた2ひきは、



231_08
イヤなことされたお互いを慰めあうように寝てしまったわけだが。



寝る前に、北斗はちゃんと自分で毛づくろいして毛を乾かしている。




一方日向は、途中で疲れたのか飽きたのか、
ろくに毛づくろいもしないまま寝てしまって、





231_06
結果、しっぽがボッサボサに。




231_07
なんか、しっぽだけが長毛種になったようだ。



ネコって、毛並みが整ってないと気持ち悪いんじゃなかったっけ?
それともここまでボサボサだと、もう何もする気が起きないのか?



日向の心中はいまいち読めないが、
ヤツの性格が「おおざっぱ」であることは間違いない。
ああ、母ちゃんにそっくりだなぁ、お前。





***




チビ達が風呂に入れられていることを察した千代丸は、


231_09
勝手に危険を察知して、緊急避難した模様。


今日はもう疲れちゃったし、千代丸を風呂に入れるつもりなかったんだけど、
こういう姿見てると逆に入れたくなってしまう、人間の心理の不思議。






Read more »

 | HOME | 

Ranking

Calendar

« 08-2008 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Appendix

tanico(♀)

ブログの書き手。ネコの世話人。



千代丸(ちよまる)♂ 
1998.5.25生まれ(多分)


北斗(ほくと)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)


千歳(ちとせ)♀ 
2013.04.10生まれ(適当)


稲穂(いなほ)♂ 
2007.9.12生まれ(多分)
2008.05.30永眠


日向(ひなた)♂ 
2008.04.16生まれ(適当)
2008.10.10永眠





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。